おいしいお茶の入れ方のポイント

おいしいお茶をいれるには、
お湯の温度茶葉の量浸出時間がとっても重要になります。

湯温が高いと渋みの成分がよく出て、湯温が低いと甘みの成分がゆっくり出ます。同じ茶葉でも渋みが好きなお父さんには熱いお湯で入れ、甘いお菓子と共に召し上がるときはお湯を冷ましゆっくりと入れてシーンに合わせてお茶を楽しみませんか。

・お茶を入れるときは、必ず一度沸騰させたお湯を使いましょう。

豆知識:湯沸しの時、沸騰し始めたらやかんのふたを少しずらし3〜5分沸騰させ続けるとカルキ臭を抜く事が出来ます。

・お茶を入れ終えた後は、急須のふたを少しずらし新鮮な空気を急須の中にいれると二煎目が蒸れずにおいしく召し上がれます。
・ポットから一度湯呑に注ぐと80〜90℃程度になります。さらに湯呑が両手でしっかりと持てると70〜80℃の温度になります。
   
 
 ■ 深むし煎茶の入れ方  
   
STEP.1 ▼
湯呑にお湯(300cc)を入れ、冷まします。
(高級煎茶70〜80℃ 中級煎茶80〜90℃)
STEP.2 ▼
急須に茶葉6〜8g程度入れます。
(ティースプーン1杯が2g程度)
STEP.3 ▼
湯呑に入れて冷ましたお湯を茶葉の入った急須に注ぎます。
STEP.4 ▼
急須のふたをして待ちます。
(高級煎茶60〜90秒 中級煎茶30秒〜60秒)
STEP.5 ▼
最後の一滴まで湯呑に注ぎ分けます。
STEP.6 ▼
急須のふたを少しずらし新鮮な空気を急須の中にいれます。
   
 ■ オリジナル 甘ぁ〜いお茶の入れ方  
      ぜひ高級煎茶でお試し下さい。
STEP.1 ▼
湯呑にお湯を100cc程度入れ70〜80℃の湯温に冷まします。
STEP.2 ▼
急須に茶葉8〜10g程度入れます。
(ティースプーン1杯が2g程度)
 
STEP.3 ▼
湯呑に入れて冷ましたSTEP.1のお湯を茶葉の入った急須に注ぎます。
STEP.4 ▼
茶葉が浸る程度の水量
   
STEP.5 ▼
急須のふたをあけたまま30秒程すると茶葉が水分を吸って色が変化します。待っている間に200cc程度のお湯を80〜90℃の湯温に冷まします。
STEP.6 ▼
変化をした茶葉の中にSTEP.5で用意したお湯を注ぎます。 
   
STEP.7 ▼
ふたをして急須を小さく3回まわします。
STEP.8 ▼
最後の一滴まで湯呑に注ぎ分けます。
   
お湯の量が急須の半分以上の高さになると急須を回した時、中のお湯がこぼれるので注意してください
※二煎目は、高めの湯温でさっぱりとした渋みをお楽しみいただけます。
 
 
   
 ■ オリジナル 濃ぉ〜いお茶の入れ方   
   
STEP.1 ▼
湯呑にお湯を300cc程度入れ80〜90℃の湯温に冷まします。
STEP.2 ▼
急須に茶葉6〜8g程度入れます。
(ティースプーン1杯が2g程度)
 
STEP.3 ▼
茶葉の入った急須に冷ましたお湯を注ぎます。
STEP.4 ▼
ふたをして急須を小さく5回まわします。
(お湯の量が急須の半分以上の高さになると急須を回した時、中のお湯がこぼれるので注意してください。)
 
STEP.5 ▼
最後の一滴まで湯呑に注ぎ分けます。
STEP.6 ▼
急須のふたを少しずらし新鮮な空気を急須の中にいれます。
 
 
※手際良く入れることで、二煎目・三煎目もおいしくお召し上がりいただけます。
 
 
   
   
   

 
 
  有限会社 太田茶店
〒437-0226静岡県周智郡森町一宮3822
TEL: FreeDial 0120-12-2491 Fax:0120-84-0866
URL:http://www.otachaten.com
 Copyright (C) 2010 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.